【アクアクララ・ウォーターサーバー最新機種アクアアドバンス口コミ】

溶けているミネラルの量の指標

 

ミネラルウォーターやウォーターサーバーに興味を持っていると、軟水、硬水という言葉を時々耳にします。

 

水の「硬度」という尺度を用いて、水を硬軟2種類に分類するのです。

 

でも、水はどれも液体で硬軟なんかないはずなのに、「硬度」っていったい何なんでしょう?

 

硬度60が硬軟の境界

ミネラルウォーターにはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが溶け込んでいます。

 

溶け込んでいるミネラルの総量を表す尺度が硬度です。

 

硬度の測り方は国によって違い、アメリカ硬度、ドイツ硬度、フランス硬度、イギリス硬度(クラーク硬度)などがありますが、戦後の日本ではアメリカ硬度が一般的です。

 

この基準で硬度60以下が軟水とされます。

 

ミネラルウォーターではあるけれど、溶け込んでいるミネラルの量は少な目、という意味です。

 

ウォーターサーバーのサイトによっては、100以下を軟水としているものもあります。

 

学術的に正確ではないかもしれませんが、その分け方もそんなに間違ってはいないです。

 

硬水による水の分類

軟水 0〜60未満。
中軟水(中硬水) 60 - 120未満。
硬水 120 - 180未満。
非常な硬水 180以上。

 

日本の自然水は軟水が多いです。沖縄を除くとほとんど軟水か中軟水。

 

他方、ヨーロッパの水は硬水が多いです。

 

有名なミネラルウォーターの銘柄を例に挙げると、エビアン【フランス】(304)、ペリエ【フランス】(400)など、なかなかの硬さ。

 

平子理沙さんが愛用するゲロルシュタイナー【ドイツ】に至っては、1302という超硬水です。

 

硬水の問題点

人気のあるヨーロッパの硬水ですが、人によってはお腹をこわす場合もあります。

 

衛生的に安全なはずの水を飲んでヨーロッパ旅行中にお腹の具合が悪くなる人がいますが、それです。

 

ほかにも硬水には問題点があります。

 

  • お茶やコーヒーがおいしくできない
  • ごはんがおいしく炊けない
  • 赤ちゃんのミルクに使うとお腹をこわす
  • ペットには有害

 

猫などは特にマグネシウムの多い水が下部尿路結石を誘発し、ひとたび尿道が詰まると数日で死に至ります。

 

ペットにミネラルの多い水をあげるのは危険なことなのでやめてください。

 

硬水は、大人の嗜好品としてはいいのですが、いろいろ用途に制限があるのです。

 

アクアクララは軟水で安心

アクアクララの水の硬度は29.7。

 

家庭のあらゆる用途に適するやわらかめの軟水なので、安心して使えます。

 

日本のウォーターサーバーの水はだいたい軟水ですが、複数の天然水を選べるサーバーの場合は中軟水も選択肢に入っている場合があります。

 

そういうウォーターサーバーを使う場合は、用途と硬度を照らし合わせて適切なものを選ぶようにしましょう。