【アクアクララの最新節電機種・写真入りレンタル体験レポート】

アクアクララの最新鋭サーバーが我が家に来ました!

ウォーターサーバー写真

▼ココをタップ▼

アクアクララの詳細と注文

 

サーバーのデザインがイマイチだなと思ってたアクアクララに、省エネでかっこいい新機種アクアアドバンスが出たので、レンタルすることにしました。

 

使い心地などをレポートします。

 

アクアアドバンスの特徴

アクアクララ最新機種のセールスポイントは下記のとおり。

 

これからユーザー目線で検証していきます。

 

  • 消費電力は最大65%カットの節電機能
  • UV除菌ランプで内部をいつも自動清掃
  • カップ麺もできる本物の熱湯も出る
  • 小さい子がいても安全なチャイルドロック機能
  • 洗練されたデザインでカラーは8色

 

アクアアドバンスの費用(税込)

水代は安いけど、サーバー無料の業者と比べて合計がどうなるかが鍵。

 

電気代は業界一安いようです。

  • 月額サーバーレンタル料 1,575円
  • 水代 12Lボトル 1,260円(宅配代込) 夫婦+子1人の家庭で月3〜4本目安
  • 電気代   月額 350円〜

 

では、アクアアドバンスの全体像を写真入りで紹介していきますね。


スタッフが設置に来てくれます

設営写真

 

アクアクララの場合、専門のスタッフがサーバーを設営してくれます。

 

スタッフの設営作業

  • ダンボールの開封と処分
  • 設置場所までの運搬
  • 通電とデジタル時計等設定
  • 水ボトル設置と通水チェック
  • 使い方の説明

 

サーバーを宅急便で送りつけてきて、ユーザーが自分で設置する方式の業者もありますが、不安に思う人もいるのではないかと思います。

 

業者によるサーバー設置がおすすめの人
  • 設置場所が玄関から離れている
  • 家族にはかなり腕力が弱い人しかいない
  • 機械が苦手で初期設定に自信がない
  • ウォーターサーバー未体験で不安を感じている
  • 大きな段ボールの処理はイヤだ

 

私は宅配便で届いて自分で設営するウォーターサーバーの経験者ですが、やっぱり設置をまかせるのはラクでした。


機能のすぐれたサーバーです。

 

多くのウォーターサーバー同様、お湯と冷水が出ます。

 

軟水のお湯はコーヒー、紅茶もおいしく淹れられます。

 

赤ちゃんがいる家庭の場合、お湯がすぐに出るとミルク作りも簡単で、本当に助かりますよ。

 

軟水なので、赤ちゃんもペットも安全です。(硬水はベビーとペットNG)

 

チャイルドロック

チャイルドロック写真

小さい子供が手で押しているうちにお湯が吹き出ないための安全機構がついています。

 

シンプルですが、よくできていて、他社のチャイルドロックより面倒くさくないのに安全性が高いと思います。

 

また、大人だけの家庭で必要ない場合は、チャイルドロックは簡単に解除できます。

 

加熱ボタン

再加熱ボタン写真

ウォーターサーバーはお湯も出るのが一般的なんですが、従来の機種はその温度の中途半端さが問題でした。

 

コーヒーや紅茶、カップ麺に使うにははちょっとぬるかったのです。

 

アクアアドバンスの場合、使用の直前に「加熱ボタン」を押すと、アツアツのお湯が出ます。

 

このボタンの追加で、ウォーターサーバーは本当に使える機械になったなあ、と感じます。

電気代はトップクラスの安さ

 

アクアクララの最新機種「アクアアドバンス」は、節電能力ではたぶん業界トップです。

 

サーバーの電気代比較

アクアクララ旧機種 月1000円〜。他社もちゃんとした機種はこれくらいが目安だった。
最近の他社節電機種 月700円前後、など。各社とも新機種は節電機能を強化している。
アクアアドバンス 月350円〜 アクアクララ最新機種の節電能力は強力。

 

「省エネ設定機能」が節電性能の秘密

省エネ機能

 

あまり使わない時間帯に、液晶を消灯し、お湯の温度を少し下げる設定にすることで節電する機能です。

 

省エネ時間帯は2つまで設定することができます。

 

例えば昼間は外出が多いなら、「1. 昼間」と「2. 深夜〜早朝」の2つで省エネ機能を作動させれば、電気代は圧倒的に下がります。

 

設定はマニュアルをみながら、サーバーの液晶画面で行いますが、デジタル目覚まし時計より簡単です。

ボトルの保管は意外に省スペース

ボトル保管写真

 

アクアクララはボトルは使い捨てでなく、空きボトルを回収して再使用するリターナブル方式です。

 

予備のボトルと空きボトルを保管しておく場所が必要ですが、我が家ではガスレンジの背後に置いています。(上写真)

 

ボトル重ね置き器具を無料貸与

2段重ねで保管できる「ボトルスタッカー」(下写真)を無料で貸してくれるので、予想外に省スペースで保管できます。

 

ボトル保管写真

 

我が家の場合、サーバーに装着しているボトルと2段に積み上げているボトルの合計3本が家にある状態。

 

そして2本空になった時点で、2本注文します。

 

新しい2本のボトルが配達された時に、空のボトル2本を回収してもらいます。

 

なお、配達料や回収料は利用料金に含まれており、別途発生することはありません。

 

ワンウェイ方式と比較した感想

水ボトルが使い捨てのワンウェイ方式のウォーターサーバーも使ったことがあります。

 

それと比べてリターナブル方式が特に不便は感じませんでした。

 

空きボトルの保管を一番心配していたのですが、上のようにあっさり片付きました。

 

ワンウェイ方式の場合、住んでいる地域のゴミ処理事情が、プラごみを出しやすい状態でないと、かえって面倒なことになります。

 

一長一短であり、リターナブル方式かワンウェイ方式かは、あまり悩む必要のないポイントだとおもいます。


天然水派ならフレシャスがおすすめ

コスパのいいRO水ならアクアクララがおすすめですが、天然水にも魅力を感じて決めかねているならフレシャスを検討してほしいです。

 

加熱処理をしていないので溶存酸素が多く、水のうまさは群を抜いています。

 

水交換の楽さはアクアクララより上です。

 

ただ、お値段は少しだけ上がるので、何を優先するかで答えは変わります。

 

下記は私が使用体験談をまとめたサイトなので、参考にしてください。

 

フレシャス・ウォーターサーバー使用体験談

 

月額費用イメージは?

 

今まで使ったことのあるウォーターサーバーで、月々の費用のイメージを作ってみました。

 

アクアクララ

【機種】 アクアアドバンス
【サーバーレンタル費】 1,575円
【水代】 12Lボトル(1,260円)3〜4本。(夫婦+子供1人の場合) 3,780〜5,040円
【電気代】 350円〜
【月額合計】 6千円前後

コスモウォーター

【機種】 楽々サーバーsmart
【サーバーレンタル費】 0円
【水代】 7Lパック(1,100円)6〜8パック。(夫婦+子供1人の場合) 6,600〜8,800円
【電気代】 400円〜
【月額合計】 6千円〜8千円程度

フレシャス

【サーバーレンタル費】 0円
【水代】 12Lボトル3〜4本。(夫婦+子供1人の場合) 3,780〜5,040円
【電気代】 700円〜
【月額合計】 7千円〜1万円程度

 

費用はライフスタイルや使う水の量によっても変わるし、新しい機種が出ても順位は変わるので、あくまでイメージと捉えてください。
でも、アクアクララの最新機種アクアアドバンスが一番家計にやさしいというのは、たぶん正しいと思います。

まとめ

 

実際に使ってみて、アクアアドバンスは次のような機種だと思います。

 

  • 安くて安全性の高いRO水サーバー
  • 安全だけど面倒すぎないチャイルドロック付き
  • 冷水とお湯、さらに本当に熱い熱湯もでる
  • 業者が設置と初期設定をしてくれる
  • 省スペースでボトル保管でき、プラごみが出ない
  • 自動UV消毒でメンテいらず衛生的
  • インテリアと調和するおしゃれなデザイン

 

天然水の味に凝るより、安全な水を低コストで確保することが優先の方におすすめしたいです。

 

より詳しい情報とサービス依頼については、下記のリンクで!

 

アクアアドバンスの公式ページへ